AHI ROOFINGは国際標準化機構ISO9001の認証を取得しており、高品質屋根材(鋼板屋根材・金属屋根材)システムをご提供しています。

HOME > AHI Roofingについて > 歴史

AHI Roofingの歴史 AHI Roofing Timeline

【AHI ROOFINGの歴史】

1940
第二次世界大戦中、イギリスではアスファルト皮膜の鉄クラッドが使用されていた。
1954
創業者のLou Fisher 氏が、この工程に着目し、屋根材に応用した。
1957
フィッシャー屋根材がオークランドで製造される。(世界初のプレス成形加工の鋼板屋根材)
1964
10-pan屋根材が開発される。
1967
インターロック工法を開発した。
1960-70
ストーンチップと独自のコート剤を開発した。
1970's
ヨーロッパへの輸出を開始する。ヨーロッパの2工場と技術ライセンス契約を締結する。
1980
耐候性向上のためのアクリルコート剤を開発する。
1980's
アジアへの輸出を開始する。マレーシアの工場と技術ライセンス契約を締結。
1989
ジェラード社(米国以外の)を買収する。
1989
米国で工場を設立する。
1981-94
世界各地にてセールスオフィスを設立する。
1995
より屋根材の耐候性を向上する為に、ガルバリウム鋼板が採用される。
1988
オーストラリアのタスマン・ビルディング社の傘下となる。
2003
ニュージーランドの大手総合建材会社、フレッチャー・ビルディング社の傘下となる。
2005
マレーシアにおいて技術ライセンス契約工場を取得する。

(C)2016 AHI ROOFING LTD All Right Reserved.